どんな場所に住むか、引越しはどうするか、などマンション購入に必要なことをまとめました

サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなもの。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のブログです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ (通り雨に濡れるのも) 。

または、このようなものです。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

海外旅行には日本製のキャリーバッグを

Posted by on 10:30 AM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行に行く際には、キャリーバッグやスーツケースを持っていくと思います。
その際、どこか分からない無名のキャリーバッグを選んでもいいのですが、荷物を守るという観点から考えると、多少値が張ってもいいので、日本製のキャリーバッグを持って歩きたいという人もいるかと思います。
そこで今回は、日本製のキャリーバッグを紹介します。

まずはスペックからです。

縦が63センチメートル、横が45センチメートル、厚みが27センチメートルです。

容量は65リットルと、メインバッグとして十分なサイズです。

これでいて重さは4700グラムです。

衣類中心に荷物を入れれば、重量の面では機内持ち込みも可能です。

サイズは全部で7サイズ、色は全部で7色展開されています。
価格は40000円前後と、他のキャリーバッグと比べるとやはり高いですが、そこは日本製ならではのこだわりが垣間見えます。
機密性が高いので、中にキムチを入れておいても、においが外に漏れることがありません。
さらに、フレームタイプでありながら重さが4700グラムというのも特筆すべきです。

フレームには軽量で丈夫なマグネシウム合金を使ったり、キャスターやロック、さらには内部の接着剤にいたる、構成パーツを徹底的に見直し、パーツ単位での軽量化をすることで、トータルでの軽量化を実現させています。
さらに、キャスターも充実の直径50ミリメートルです。

大型のキャスターで安定走行を実現させています。

海外旅行において傷が目立ちにくいキャリーバッグとは

Posted by on 10:28 AM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行に行く時、多くの方はスーツケースやキャリーバッグを持っていくと思います。
また、海外旅行に行くたびにスーツケースやキャリーバッグを買い換えるという人は少なく、多くの人は同じものを何回も使っていることでしょう。
そうなると気になってくるのが、キャリーバッグにできる傷です。

もちろん、自分で移動させているときに、どこかにぶつけてしまった傷というのもあります。

しかし中には、空港の職員が荷物の積み降ろしの際につけてしまった傷というのもあります。
それを「旅の勲章」ととらえられればいいと思います。
傷一つにも思い出があるというようなレベルにまでいければ、立派なものです。

しかし多くの場合、やはり傷は極力つけたくないものです。

とはいえ、傷をつけないということは不可能です。


それならば、傷が目立ちにくいキャリーバッグを持ち歩けばいい、ということになります。
どのようなキャリーバッグが、傷が目立ちにくいのでしょうか。
まず、最も傷が目立ちやすいのは、鏡面加工されたものです。

しかも色が淡いものです。

具体的には、シルバーのぴかぴかのキャリーバッグなどは、まさに傷を目立たせるためにあるようなものです。

確かに見た目にはカッコいいシルバーですが、キャリーバッグに関してはぴかぴかですと傷は目立ちます。
同じ鏡面加工でも、濃いブルーなどは傷が目立ちにくいです。

そして、エンボス加工であれば、さらに傷は目立ちにくくなります。
エンボス加工は表面がざらざらしています。
エンボス加工でも、色の濃いものを選べばベストです。

海外旅行には安くて軽いソフトなキャリーバッグを

Posted by on 10:26 AM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行の様子を見てみると、最近はキャリーバッグを持っていく人が増えています。
その中でも、ハードタイプのキャリーバッグと、ソフトタイプのキャリーバッグの2つに分かれるようです。

今回はその中でも今回は、ソフトタイプを見てみましょう。
ソフトタイプとハードタイプの最も大きな違いは、そのボディです。

ソフトタイプの場合には、ボディはナイロンなどの布でできています。

布でできていることで、大きなメリットがあります。
まずは、安いことです。

ハードケースですと、どうしてもボディやフレームにお金がかかってしまい、全体的に値段も高めです。

ソフトタイプは、概してハードタイプよりも安いです。

次に、軽さです。

金属と布、どちらが軽いかと考えた時、布のほうが軽いと考えるのは自明の理です。

もちろんソフトタイプのほうが軽いです。

さらに、ボディに柔軟性があります。
ボディに柔軟性があることによって、荷物が増えてしまったときでも、ボディが適度に膨らんで、荷物を収納できます。
一方、心配な点もあります。
まずは水です。

布は水を通さないかという心配がありますが、最新素材であれば、水をはじくようになっています。
また、切り裂きに対しては弱いのではないか、という疑問もわいてきます。
その点も心配無用です。

最新のソフトタイプのキャリーバッグであれば、防弾チョッキにも使われる素材を使用しているので、当然ながら切り裂きや銃弾(かなり物騒)にも強いのです。

海外旅行にはいいとこ取りのジッパータイプのキャリーバッグ

Posted by on 10:24 AM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行に欠かせないキャリーバッグにも、いろいろなタイプがあります。
「フレームタイプのハードキャリーバッグ」「ジッパータイプのハードキャリーバッグ」、そして「ソフトキャリーバッグ」です。

このなかでも今回紹介するのは、「ジッパータイプのハードキャリーバッグ」です。

このタイプのキャリーバッグは、いいとこ取りのような構造になっております。
まず本体部分に関しては、基本的にハードタイプのキャリーバッグと同じ、あの硬い素材でできています。

しかし、通常のハードタイプと異なるのは、開け閉めです。

通常のハードタイプの場合、フレームが入っており、そのフレームがあることによって、ワンタッチで開け閉めすることができるものです。

このフレームは開け閉めや剛性の部分ではかなり優秀ですが、重いのでキャリーバッグ全体の重さが重くなる要因にもなります。

これに比べて、ジッパータイプのハードキャリーバッグの場合には、開け閉めはフレームではなく、ジッパーで行います。
ジッパーで開け閉めを行うとは言っても、ソフトケースのジッパーのように、キャリーバッグの端っこをぐるりと取り巻くようにジッパーが付いているわけではなく、サイドの中央部分、フレームがある位置にぐるりとジッパーが取り付けられています。
ジッパーのつまみは本体に取り付けられている鍵にかけることができます。
フレームタイプがとにかく丈夫なのに対して、ジッパータイプはある程度の柔軟性を持たせています。
たわむことで、衝撃を吸収するのです。

海外旅行には、丈夫なフレームのハードケースキャリーバッグ

Posted by on 10:24 AM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行に持っていく必需品といえば、キャリーバッグです。

そのキャリーバッグですが、大きく分けて3つのタイプがあります。
フレームタイプのハードケース、ジッパータイプのハードケース、そしてソフトケースです。

今回はその中でも、フレームタイプのハードケースを紹介したいと思います。
まずは、フレームタイプのハードケースがどのようなものか、説明をします。
フレームタイプのハードケースというのは、ボディの間にがっちりとしたフレームが入っているものです。

そのフレームの部分には鍵がついていることが多いです。

いわゆる、われわれが思い浮かべる「スーツケース」に最も近いタイプといえます。

フレームタイプのハードケースのメリットとしては、何といってもその丈夫さです。

正面からの衝撃に強いのはもちろんのこと、サイドからの衝撃に対しても、フレームがしっかりと守ってくれます。
とにかく全方位において隙のない強度といえます。
フレームが付いてしかもハードケースですと、「重い」というイメージを持つ方もいるかと思います。

しかし、最新の技術革新によって、ボディそのものの剛性はキープしながら、軽量化に成功したフレームタイプのハードケースも多く存在します。
キャリーバッグの中では、比較的大きめのサイズが多くラインナップされています。
ただし、最新の技術が多く盛り込まれているジャンルですので、どうしても価格は他のキャリーバッグよりも高くなります。

海外旅行のハワイで食べたおいしいもの

Posted by on 4:52 PM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行でハワイに行っておいしかったものを紹介します。ガイドブックで見ていったタイ料理の有名レストランSINGHAで食べたトムヤムクン。それまで自分がトムヤムクンを食べられると思っていなかったのが以来好物に。ホテルのそばにあったベトナムフォー専門店のフォー。パクチーもムリだとだと思ってたけど大好きに。ハラペーニョもフォーと、サンドイッチ屋で食べ放題のつけあわせを食べて以来大好物。スパムむすびはゴルフ場へいくと必ず食べていて、今では家でもつくります。セブンイレブンで買ったこともありました。ベーグルもハワイで食べたのが最初かな。ロコモコはごはんにハンバーグに目玉焼きというスペシャルな組み合わせなのになかなかおいしいものに出会えなかった。カフクのエビはガーリックシュリンプにごはんを沿えたプレートランチ。わざわざ行って食べたい。プレートランチの焼ソバとチャーハンも大好き。パイナップル農園で食べたパインアイスに感動。マウイスタイルポテトチップスは厚めでカタイポテトチップス、是非日本でも売ってほしい。海外旅行のハワイで食べたおいしいものはなぜかジャンクによってしまいましたが是非お試しください。

海外旅行はハワイ島でカメと泳ぐ

Posted by on 4:51 PM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行でハワイと言えばホノルルのあるオアフ島が圧倒的に多いと思います。ハワイ諸島は6つの主な島とたくさんの小島からります。その中でも一番大きくビッグアイランドと呼ばれるハワイ島に滞在した時のことを紹介ます。数日間カイルアコナに滞在しました。空港でもらったフリーのパンフレットのビーチガイドでカハルウビーチパークに決めました。パンフレットは英語ですがアイコンで表になっているのでなんとか解読できます。カイルアコナから比較的近くて駐車場があり、監視員がいて、売店、ピクニックコート、トイレ、シャワーがあります。ここが大当たりでした。岩場が多く魚がたくさんいてカメが泳いでいます。すぐにカメのいるポインをト見つけることができたので毎日カメと泳いでいました。ハワイではカメをホヌといいます。時々砂浜に上がってくることもありますが決して触ったりしてはいけません。罰せられます。ここのワゴンで買ったハンバーガーが今まで食べた中で一番おいしかったです。日本のアメリカンドッグはアメリカではコーンドッグということをワゴンのお兄さんに教えてもらいました。カイルアコナといえばコナコーヒーです。ホテルから近いJAVA on the Rocksというカフェはビーチの目の前で100%ピュアのコナコーヒーを飲みながらベーグルの朝食ができます。フォレストガンプのババシュリンプもあります。ロコモコは何件か食べたのですが最後にコナ空港で食べたテイクアウトのカップに入ったものが一番おいしかったです。海外旅行でハワイに行くときはハワイ島もオススメです。

海外旅行で必要な薬関係のトラベルグッズ

Posted by on 4:50 PM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行で体を壊すというのは、ない話ではありません。今回はそんなときに役に立ちそうな薬関係のトラベルグッズを紹介したいと思います。まずもって行ったほうがいいのは、風邪薬です。私はいつもパブロンを数包持っていきます。粉のやつのほうが薬を飲むときに楽です。風邪を引いたときは私もホテルでパブロンを飲みました。効果があるかないかは分かりませんが、気持ち的には楽になりました。次にアスピリンです。私はバファリンを持っていきます。これは頭痛や生理痛、その他の痛みにも効きますので、万能薬といってもいいでしょう。次にお腹の薬です。旅先ではお腹を壊して下痢になるか、便が出なくて便秘になるか、どちらか分かりません。どちらかというと下痢のほうが確率は高いので、正露丸の糖衣タイプを持っていきます。普通の正露丸だとくさいですからね。最後のトラベルグッズは目薬です。海外旅行では目が疲れます。日差しやほこりもあるでしょう。なので目薬は欠かせないのです。

海外旅行で恋しくなる日本の味には、このトラベルグッズを

Posted by on 4:48 PM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行に行くと、日本の味が恋しくなることがありますよね。そこで今回は、海外旅行に持っていくと便利な日本の味トラベルグッズを紹介したいと思います。まずは、粉末の緑茶です。海外旅行に行くとお茶があることも多いのですが、砂糖がたっぷり入ってたりすることがあります。そこで緑茶が欲しいのですが、「粉末」というのがみそです。粉末であることによって水でも溶けやすく、すぐに飲むことができます。ペットボトルでももちろんOKです。次はカリカリ梅です。これは特に、疲れたときに食べると効果覿面です。梅干でもいいのですが、カリカリした食感はやはり欲しいところです。飛行機で現地到着した後のホテルで食べるのが定番ですね。そして最後のトラベルグッズは、醤油です。醤油は袋に入っているものでも、小さな瓶に入っているものでもいいでしょう。海外旅行では味が合わないこともあります。そこでこれをかけるとあっという間に日本の味に。そのまま舐めるという荒業もありですね。

海外旅行のセキュリティを万全にするトラベルグッズ

Posted by on 4:47 PM in 必需品 | コメントは受け付けていません。

海外旅行へ行くときのトラベルグッズというのは、最近ではいろいろな場所で発売されています。100円ショップでも売っていますし、空港でも売っています。今回は私が海外旅行で使って役に立ったトラベルグッズを紹介したいと思います。まずは「腹巻き」です。もちろんお父さんがつけているような腹巻きではありません。旅行用の腹巻きというのがあります。その腹巻きには貴重品を入れておきます。例えばパスポートであったり、トラベラーズチェック、航空券や鉄道のチケット、そしてクレジットカードに余分な現金もそこに入れてあります。首かけ式より腹巻き式のほうが落ち着きますし、夏でもアウターに響かないというのがあります。そして次は、南京錠です。100円ショップで売っているようなもので十分だと思います。あまり大きいと重くなるので、小さめで錠の部分が長いものを選ぶといいです。これは私が使っているリュックや、ユースホステルでのロッカーの鍵として使っています。くれぐれも管理には用心です。